不動産売却時の仕訳方法と仲介手数料の勘定科目について

公開日:2024/06/13  

勘定科目

この記事では不動産売却を検討中の方のために、不動産売却をしたときの仕訳方法と仲介手数料の勘定科目について解説します。個人事業主と法人の仲介手数料の扱い方や仕訳方法の違い、注意点をわかりやすく説明するので参考にしてください。

不動産売却をスムーズに進めるためには、正確な会計処理が不可欠です。この記事を参考に、不動産売却の基本をしっかりと学び、正しい会計処理をしましょう。

不動産売却に関する仕訳の基本

不動産を売却した時は「単式簿記」と「複式簿記」に分けて仕訳します。法人は「正規の簿記の原則」に従って複式簿記で記帳しなければなりません。また、個人事業主の場合は「白色申告」なら単式簿記、「青色申告」なら複式簿記での記帳が求められます。

複式簿記では「借方」と「貸方」の両方に取引を記録するため、より正確な財務状況を把握できます。それとは対照的に、単式簿記はシンプルで、収入と支出を一行で記載します。

仲介手数料の勘定科目とは?

不動産売却をおこなったときの仲介手数料は「支払手数料」という勘定科目で記帳します。個人事業主も法人も同じ「支払手数料」という勘定科目を使用しますが、具体的な仕訳方法には違いがあります。

個人事業主が不動産を売却したときの仕訳は、譲渡益を「事業主借」、譲渡損失を「事業主貸」として記載します。そして手付金を「前受金」、建物の売却時に受け取った消費税は「仮受消費税」として記帳しましょう。

法人が不動産を売却するときは、譲渡益を「固定資産売却益」、譲渡損失は「固定資産売却損」として記載します。そして手付金を「前受金」、建物の売却時に受け取った消費税は「仮受消費税」として記帳しましょう。

仲介手数料に関する注意点

仲介手数料は基本的に消費税が課され、非課税にはなりません。不動産を売却した時の仲介手数料は経費として計上できますが、不動産購入時の仲介手数料は「取得費」として扱われます

仲介手数料を節約するためには、手数料の安い不動産会社を選ぶことも方法のひとつです。

まとめ

不動産売却時は適切な会計処理が必要です。仲介手数料は「支払手数料」と記帳し、個人事業主は「事業主借」や「事業主貸」、法人は「固定資産売却益」や「固定資産売却損」として仕分けしましょう。

仲介手数料は基本的に消費税が課され、不動産を売却したときは経費として扱えますが、不動産購入時の仲介手数料は「取得費」として扱われます。これらの違いを理解して適切な仕訳をすることは、税務上のトラブルを避け、経費節約にもつながります。

不動産売却をスムーズに進めるために、仕訳方法の基本を押さえて適切に会計処理をしましょう。記帳のミスを防ぐために、専門家のアドバイスを受けることもひとつの方法です。また、不安がある方は税務署のガイドラインを確認しておくと安心でしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

この記事では不動産売却を検討中の方のために、不動産売却をしたときの仕訳方法と仲介手数料の勘定科目について解説します。個人事業主と法人の仲介手数料の扱い方や仕訳方法の違い、注意点をわかりやすく
続きを読む
土地を売るときの注意点 土地について理解した上で事前準備することで、スムーズな土地の売却を実現できます。その内容について、くわしく解説します。 境界確定と測量の実施 土地の売却をする際には測
続きを読む
不動産を売りに出したものの、なかなか売れないといった悩みを抱える人も少なくありません。不動産が売れないときの対策として有力なのが、販売価格の値下げです。しかし、どのタイミングで値下げに踏み切
続きを読む